当ブログは広告を含みます ビール ビール関連コラム

ビールの135ml缶はなぜ人気?どんな層に需要があるの?

 

ビールを楽しむ方法は時代と共に変わり続けています。

 

近年、135mlというユニークなサイズのビール缶が注目されていますが、その背景にはどのような理由や魅力が隠されているのでしょうか。

 

本記事では、この新たなトレンドがどのような層から支持され、その魅力や未来の可能性について深堀りしていきます。

created by Rinker
一番搾り
¥3,052 (2024/06/25 05:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

ビール135ml缶の独特な魅力とは?

伝統的なビール缶サイズとの違い

 

伝統的に、ビールの缶サイズとしては350mlや500mlが主流として市場に出回っています。

 

これらのサイズは、一人で飲む量としてちょうど良いとされてきました。

 

しかし、135mlのビール缶はこの概念を打破します。135mlというサイズは、一口で飲み干すことができる量であり、飲むスピードや飲む量を選ぶことができます。

 

また、冷たい状態で最後まで楽しむことができるのも魅力の一つです。

 

135ml缶のデザインと持ち運びの便利さ

 

135mlのビール缶は、そのサイズゆえのデザイン性が高まっています。

 

多くのブランドが、独自のデザインを施し、集めたくなるようなデザインが増えています。また、サイズが小さいため、持ち運びが非常に便利です。

 

アウトドアやピクニックなどの機会に、重たい荷物を増やすことなく、簡単に持ち運ぶことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

どんな層から人気を集めているのか?

女性層の支持

 

特に女性層からの支持が高まっている135mlのビール缶。その理由としては、少量でさまざまな種類のビールを楽しむことができる点が挙げられます。

 

女性は一般的に量をたくさん飲むよりも、いくつかの異なるフレーバーやブランドのビールを試すことを好む傾向があり、135mlのビール缶はそのニーズを満たしています。

 

若者と新しい飲酒文化

 

近年の若者層は、質を重視する飲酒文化が根付いてきています。

 

一度に多くを飲むのではなく、さまざまな種類のアルコールを少しずつ楽しむことが人気です。

 

135mlのビール缶は、この新しい飲酒文化にぴったりのアイテムとなっており、若者たちの間で注目されています。

 

シングルライフや少人数の飲み会を好む人々

 

近年、シングルライフや少人数の飲み会が増えてきています。

 

大量のビールを開けるのではなく、1缶ずつ異なる種類を楽しむことができる135mlのビール缶は、このようなライフスタイルに合わせたアイテムとして注目されています。

 

特に家での飲酒が増えてきた現代において、必要な分だけ開けられる135mlのビール缶は、無駄がなく経済的とも言えます。

created by Rinker
スーパードライ
¥2,574 (2024/06/25 05:15:52時点 Amazon調べ-詳細)

135ml缶の環境面でのメリット

環境への負担低減の可能性

 

135ml缶の利用は、環境への負担を低減する可能性があります。伝統的な大きなビール缶やボトルと比較して、材料使用量や廃棄物の量が減少します。

 

これにより、ゴミの発生が減少し、リサイクルが効率的に行える可能性が高まります。さらに、小さいサイズなので、輸送時のCO2排出量も削減できると考えられます。

 

省資源・省エネルギーの側面

 

135mlのビール缶の生産は、資源の使用量を減少させることができます。

 

これにより、資源の無駄遣いを防ぐことが期待されるだけでなく、製造プロセスにおけるエネルギーの消費も低減します。

 

特にアルミニウムや鉄などの材料を使用する際のエネルギー削減は、長期的に見ても環境に優しい選択と言えるでしょう。

 

おすすめの135ml缶ビールブランドと飲み方

日本の主要ブランドとその特徴

 

日本における135mlビール缶のブランドは数多く存在しますが、特に注目すべきは「アサヒ」「キリン」「サッポロ」などの大手メーカーのものです。

 

これらのブランドは、伝統的なビールの味を保持しつつも、新しい取り組みを積極的に行っており、多様なフレーバーやデザインのビールが楽しめます。

 

特に、季節限定のフレーバーやコラボレーション商品など、独自のアイデアを取り入れた商品が多数リリースされています。

 

135ml缶ビールの楽しみ方

 

135ml缶ビールの楽しみ方は多岐にわたります。一つの提案として、様々なブランドやフレーバーを一度に数種類試飲する「ビールテイスティング」があります。

 

少量なので、多くの種類を飲むことができ、自分の好みを発見することが可能です。

 

また、料理とのペアリングを楽しむのもおすすめ。独特のフレーバーが料理の味を引き立てることもありますので、食事と共に楽しむのも一つの方法と言えるでしょう。

created by Rinker
一番搾り
¥3,052 (2024/06/25 05:15:53時点 Amazon調べ-詳細)

未来のトレンドは?135ml缶のさらなる可能性

ニッチな市場からメインストリームへ?

 

当初、135mlのビール缶はニッチな市場として捉えられていました。

 

しかし、その便利さや多様性、環境への優しさなどの特性が評価され、少しずつその存在感を増しています。

 

現在のトレンドを見ると、健康志向や環境意識の高まり、質を重視する消費者の増加といった背景から、135ml缶が主流の選択肢として市場での地位を確立する可能性が高まってきています。

 

今後の市場展望と予測

 

今後の市場展望として、135mlのビール缶は更なる多様性とともにその存在感を増していくと予測されます。

 

特に、異なるフレーバーの組み合わせや、アルコール度数のバリエーション、さらには缶デザインの独自性を追求した商品が増加することが期待されます。

 

また、135mlというサイズ感が他の飲料やアルコール飲料にも広がる可能性もあり、新たな飲料カテゴリーとしての展開も考えられます。

 

これらのトレンドに伴い、消費者は自分のライフスタイルや趣味、価値観に合わせて、さらにパーソナライズされた選択を楽しむことができるようになるでしょう。

 

まとめ

  • 135mlのビール缶は持ち運びが便利でデザインも魅力的。
  • 女性や若者など、様々な層からの支持を集めている。
  • 環境面でのメリットも見込める可能性あり。
  • さまざまなブランドが参入しているので、選択の幅も豊富。
  • このトレンドが今後も続く可能性が高い。
created by Rinker
一番搾り
¥3,052 (2024/06/25 05:15:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スーパードライ
¥2,574 (2024/06/25 05:15:52時点 Amazon調べ-詳細)

-ビール, ビール関連コラム