当ブログは広告を含みます お酒 缶チューハイ・カクテル

氷結無糖レモンは太る?体に悪い?成分や口コミを調査!

 

こんにちは、みなさん!最近、気になるお酒があります。そう、氷結無糖レモンです!

 

ダイエット中や糖質制限をしている人にとって、低カロリーで糖類を含まないお酒は魅力的ですよね。

 

しかし、気になるのはその味や成分、さらには健康への影響です。

 

そこで今回は、氷結無糖レモンについて詳しく調査してみました。

 

果たして、氷結無糖レモンは太るのか?体に悪いのか?さまざまな角度から見ていきましょう!

 氷結とは

 

まずはじめに、氷結について簡単にご説明します。

 

氷結は、チューハイの一種であり、コンビニやスーパーなどでよく見かけるお酒です。

 

氷結には通常の氷結、氷結STRONG、氷結ZERO、氷結無糖レモン、旅する氷結の5つのシリーズがあります。

 

氷結STRONGはアルコール度数が9%と強いお酒で、氷結ZEROは糖質・プリン体・人工甘味料がゼロのダイエット向け商品です。

 

氷結無糖レモンの特徴

 

さて、気になる氷結無糖レモンですが、甘味料を含まずさっぱりとしたレモンチューハイとして人気があります。

 

4%と7%の2種類の商品があり、カロリーは低めです。

 

氷結デリシャスのピノ・ワールが最も高カロリーな商品である一方、氷結無糖レモン(4%)はカロリーが比較的低いです。

 

実は、氷結のカロリーは商品によって大きく異なり、アルコール度数が低いものほどカロリーが高い傾向があるため、ダイエット中の方には氷結無糖レモンシリーズがおすすめです。

 

氷結無糖レモンとダイエット

 

お酒はダイエットの天敵とされることがありますが、氷結無糖レモンは低カロリーの商品として、ダイエット中の人にとって選択肢になるでしょう。

 

ただし、高カロリーなおつまみと組み合わせる場合は注意が必要です。

 

ダイエット中の方は、氷結無糖レモンシリーズを選ぶことで、カロリーを気にせずお酒を楽しむことができるでしょう。

 

ネット上の口コミと評価

 

実際に、ネット上の口コミや評価を調査してみました。

 

氷結無糖レモンはスッキリした後味で食事との相性が良いと評価されています。

 

甘さが控えめで飲みやすいという声が多い一方で、レモンの風味が薄いという評価もあります。

 

特に、KIRINの氷結無糖レモン7%は甘くないレモンサワーとして、美味しさと飲みやすさが高く評価されています。

 

また、糖質も低いため、ダイエット中にも適していると言えるでしょう。

 

結局氷結無糖レモンは体に悪いの?

 

では、具体的な成分について見ていきましょう。

 

氷結無糖レモンの原材料は、レモン果汁、ウオッカ(国内製造)、炭酸、酸味料、香料となっています。

 

糖類を含まないため、糖質制限をしている方にも適しています。

 

また、カロリーについては100mlあたり26kcal、350ml缶で91kcalとなっており、比較的低カロリーな飲み物と言えます。

 

健康への影響

 

続いて、氷結無糖レモンの健康への影響について考えてみましょう。

 

一般的に、過度のアルコール摂取は健康に悪影響を及ぼすことがありますが、適量であれば問題ありません。

 

氷結無糖レモンはアルコール度数4%の商品が一般的ですが、適度に飲む分には特に体に悪い影響はありません。

 

ただし、飲み過ぎには注意が必要であり、適度な範囲内で楽しむことが大切です。

 

総括とまとめ

 

今回は、氷結無糖レモンについて詳しく調査しました。

 

低カロリーで糖質を含まない氷結無糖レモンは、ダイエット中や糖質制限をしている人にとって嬉しい選択肢となります。

 

ただし、飲み過ぎには注意が必要であり、おつまみとの組み合わせにも気をつけましょう。

 

ネットでまとめ買いすると便利で、Amazonでも氷結無糖レモンの購入が可能です。

【要点のまとめ】

  • 氷結無糖レモンは低カロリーのお酒であり、糖質制限やダイエット中の人に適している。
  • アルコール度数4%の氷結無糖レモンはカロリーが比較的低い。
  • 高カロリーなおつまみとの組み合わせには注意が必要。
  • ネット上の口コミでは、スッキリした後味で食事との相性が良いと評価されている。
  • ダイエット中や糖質制限をしている人におすすめのお酒である。
  • 氷結無糖レモンはネットでまとめ買いすることができる。

 

-お酒, 缶チューハイ・カクテル