当ブログは広告を含みます お酒 ビール

インドの青鬼はまずいorうますぎどっち?口コミ・レビュー調査!

 

クラフトビールの魅力は、その個性的な味わいと深みのある香りにあります。

 

今回は、インドの青鬼というビールに注目してみましょう。

 

このビールは、苦味が特徴的なインド・ペールエール(IPA)のスタイルで、ヤッホーブルーイングが誇る主力商品です。

 

果たして、インドの青鬼はまずいのか、それともうますぎるのか?

 

口コミやレビューを通じて、その真実を探ってみましょう。

インドの青鬼の特徴

インドの青鬼の簡単な概要説明

 

インドの青鬼は、株式会社ヤッホーブルーイングが製造・販売するクラフトビールです。

 

長野県に拠点を置き、1996年に創業しました。家飲み需要の増加により、2020年12月から2021年2月の売上は前年比で43%増加しています。

 

その魅力は、大手ビールメーカーにはない個性と家庭で楽しむことができる点にあります。

 

インドの青鬼の味の特徴

 

インドの青鬼の味わいは、フレッシュな香りからの強烈な苦味が特徴的です。

 

グレープフルーツのような柑橘系の香りが広がり、口の中に残る苦味が続きます。

 

その独特な味わいは、ビール好きの間で高い支持を受けています。

 

インドの青鬼の使用原材料とアルコール度数

 

インドの青鬼の使用原材料は、大麦麦芽とホップです。どの国や地域のホップを使用しているかは明示されていません。

 

アルコール度数は7%であり、しっかりとした味わいを楽しむことができます。

 

インドの青鬼に合うおつまみ・食べ物

 

インドの青鬼には、辛いカレーや麻婆豆腐、ニオイ強め系や味付けタイプのチーズ、燻製など、辛さやニオイが強いおつまみや食べ物がよく合います。

 

その他にも、辛さやクセのあるつまみや食べ物を選ぶと、ビールとの相性が良いでしょう。

 

インドの青鬼のおすすめな人

 

インドの青鬼は、苦味の強いビールやIPAが好きな人におすすめです。

 

また、辛い料理やスパイシーな味が好きな人や、綺麗な苦味を楽しみたい人にもぴったりです。

 

自分自身の好みを追求したい方には、ぜひ挑戦してみてください。

 

インドの青鬼の由来

 

インドの青鬼の名前にはインドとの関連はありません。

 

実は、IPAは18世紀頃に開発されたビールであり、インドへ向かう航海中の保存性を高めるために生まれました。

 

したがって、インドの青鬼はインドが原産地ではなく、その名前はIPAの略称に由来しています。

 

興味深いことに、グランドキリンのIPAと比較してみるのも面白いかもしれません。

 

インドの青鬼の口コミ・評判

 

インドの青鬼の口コミ・評判を集めてみました。美味しい派からは、「苦味が美味しい」と絶賛の声があります。

 

一方で、まずい派からは「グレープフルーツの香りからの苦さが苦手」といった意見もあります。個々の好みによって評価は分かれるようです。

 

良い口コミ

  • アメリカのビールと比べると安い
  • 独特な味で好み
  • 初めは苦味が気になったが、今は堪能している
  • 深いコクと豊かな泡立ち
  • 飽きないビール
  • アルコール度数が高く、他のアルコール量を減らせる
  • ビール好きにおすすめ
  • 海外から帰国してから日本のビールの味に満足できない夫が美味しいと言っている

悪い口コミ

  • 高アルコール度数なのでお酒に弱い方は注意
  • 癖が強い
  • 炭酸が多く吹きこぼれることもある

 

「インドの青鬼」は、個性的な味わいと深いコク、豊かな泡立ちが特徴のビールです。

 

初めは苦味が気になるかもしれませんが、慣れるとその独特な味が堪能できます。

 

また、高アルコール度数のため、他のアルコール量を減らすことができる利点もあります。

 

ビール好きの方やIPAのファンには特におすすめです。

 

価格に関しては値上がりしている場合もあるため、予算に合わせて判断してください。

 

総じて、「インドの青鬼」は日本国内のクラフトビールの中でも優れた品質を持つ一本であり、ビール愛好家には満足いただけるでしょう。

 

インドの青鬼の販売場所

 

インドの青鬼はさまざまな販売店で手に入れることができ、ネットショップ、コンビニ(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)、イオンなどもその一部です。

 

利便性の高い販売店で手軽に購入することができるので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

エールビールとは?簡単に解説

 

エールビールは、古くから存在する伝統的なビールのスタイルであり、香り豊かでフルボディな味わいが特徴です。

 

エールは酵母が高温で発酵することで造られ、その結果、フルーティーでスパイシーな風味が生まれます。

 

一般的なエールの種類には、ペールエール、インディアペールエール(IPA)、スタウト、ポーターなどがあります。

 

エールビールは、ビール愛好家やクラフトビール業界で人気があり、多様なスタイルと風味が楽しめます。

 

インドの青鬼はエールビールの一種であり、ヤッホーブルーイングがその製造に携わっています。

 

初めて飲んだ際には合わないかもしれませんが、何度か飲んでいくうちにその魅力に気付くことでしょう。

【まとめ】

  • インドの青鬼は、株式会社ヤッホーブルーイングが製造・販売するクラフトビールである。
  • その特徴は、個性的な味わいと家庭で楽しむことができることにある。
  • 味はフレッシュな香りからの強烈な苦味が特徴的で、グレープフルーツのような柑橘系の香りが広がり、口の中に残る苦味が続く。
  • 使用原材料は大麦麦芽とホップであり、アルコール度数は7%である。
  • インドの青鬼には、辛いカレーや麻婆豆腐、ニオイ強め系や味付けタイプのチーズ、燻製など、辛さやニオイが強いおつまみや食べ物がよく合う。
  • インドの青鬼は苦味の強いビールやIPAが好きな人におすすめであり、辛い料理やスパイシーな味が好きな人や綺麗な苦味を楽しみたい人にも合う。
  • インドの青鬼の名前はIPAの略称に由来しており、インドが原産地ではない。
  • 口コミや評判では、苦味が美味しいと絶賛する声もあるが、グレープフルーツの香りからの苦さが苦手とする意見もある。
  • インドの青鬼は日本国内のクラフトビールの中でも優れた品質を持つ一本であり、ビール愛好家に満足いただけるでしょう。
  • インドの青鬼はさまざまな販売店で手に入れることができ、ネットショップ、コンビニ、イオンなども販売している。
  • エールビールは香り豊かでフルボディな味わいが特徴の伝統的なビールであり、インドの青鬼もその一種である。
  • 初めて飲んだ際には合わないかもしれないが、何度か飲むうちにその魅力に気付くことができる。

 

-お酒, ビール