当ブログは広告を含みます 書籍

【書評レビュー】メタバース×ビジネス革命ー物質と時間から解放された世界での生存戦略ー

 

――いつもの現実世界から、ひと味もふた味も異なる体験が待っているメタバース。

 

新しい時代の到来を感じさせる本書「メタバース×ビジネス革命」は、読者を未知なる領域へ誘う一冊です。

 

著者の西田宗千佳氏がフリージャーナリストとして培った知識と洞察力を駆使し、メタバースの現状から未来への展望までを詳細に解説しています。

メタバースの始まりと進化

 

メタバースとは、ネットの中に広がる新しい生活圏の概念です。

 

まだ初期のサービス段階にあるものの、技術の進歩とともに最適な形が実現されつつあります。

 

この進化を促す鍵となるのが、バーチャルリアリティ(VR)技術です。

 

メタバースでは、通信技術とセンサー技術も欠かせません。さらに、国土のオープンデータ化やデジタルツイン化といった分野においても、自動運転などの革新が大きなインパクトを持っています。

 

メタバースとゲームの関係性

 

メタバースとゲームは密接に関連しており、メタバース的な要素を持つサービスは、多くがゲームの延長線上に作られています。

 

バーチャルイベントの利点としては、場所や時間を問わずに参加できることが挙げられます。

 

このような要素がビジネスにも応用され、新たな展開が期待されています。

 

メタバースの課題と生存戦略

 

しかしながら、メタバースには課題も存在します。

 

一つは「毎日使う理由が希薄である」ことです。メタバースがビジネスにおいて本格的に活用されるためには、日常生活での使用頻度が必要とされます。

 

また、メタバースの構築には未開拓の技術領域が存在し、自分に近い場所に関わる技術の開拓が重要です。

 

さらに、VR/AR機器の普及が進まないという現状も課題となっています。

 

メタバースの可能性と展望

 

メタバースは視覚だけでなく、他の感覚も騙す技術であり、さまざまなテクノロジーが関与します。

 

しかし、ネット上でのコミュニケーションには遅延がつきものであり、現実と同じようなコミュニケーションは困難です。

 

そのため、メタバースの構築には低コストで空間を作る必要があり、人間とAIの共同作業が重要とされています。

 

本書「メタバース×ビジネス革命」の魅力とまとめ

 

本書では、メタバースの過去から現在、未来までを解説しており、導入事例や製品サービス、技術の変遷などを詳細に紹介しています。

 

特に注目すべきは、教育現場やビジネスでのメタバースの活用例、Meta社のHMD技術、写真からの3Dデータ生成技術「フォトグラメトリ」の解説です。

 

さらに、最新の動向も含めて2022年までの情報が網羅されています。

 

読み終えた後は、メタバースの進化や技術の変遷についての理解が深まり、最新の製品やサービスについても知識を増やすことができます。

 

本書は、新しいコンピュータとコミュニケーションの製品・サービスや技術に興味がある人や、メタバースのビジネス・技術の変遷と最新動向を知りたい人にとって、おすすめの一冊です。

書籍「メタバース×ビジネス革命」の口コミ・評価・感想まとめ

良い口コミ

  • VR機器の普及やメタバースへの参入の難しさについて学べる。
  • メタバース関連企業の動向や強みがわかる。
  • メタバースの進化や技術について最新情報が提供される。
  • メタバースの意味や可能性が理解できる。
  • メタバースの課題や将来の展望について考察されている。
  • メタバースのビジネス事例や技術に関する知識が増える。
  • 2022年のメタバースの動向や話題が詳細に紹介されている。
  • メタバースへの期待と課題がある。
  • メタバースの現状や事例が具体的に紹介されている。
  • 技術的な知識がなくてもメタバースの世界が理解できる。
  • メタバースに関連した周辺技術のサマリーが書かれている。
  • メタバースに興味関心を持つ人におすすめの解説書。
  • 写真が多く、初心者でも分かりやすい入門書として楽しめる。
  • メタバースの基本について分かりやすく説明されている。
  • メタバースに興味があり、基本を知りたい人におすすめ。
  • メタバースの実現に近づいていると感じる。
  • メタバースの意味や具体例がわかりやすく説明されている。
  • 教育やビジネスの発展や課題について考えさせられる。
  • メタバースの可能性と実現に向けた課題を具体的に示している。
  • メタバースの発展がスリリングな領域であることを伝えている。
  • メタバースの理解を深め、発展性に興味を持たせる一冊。
  • メタバースの現状、課題、未来について理解できる本。
  • 文字中心の本だが、事例紹介もあり理解しやすい。

悪い口コミ:

  • 画像付きでメタバースに関連する題材が紹介されているが、本文の画像はモノクロで味気ない。
  • 事例紹介に特化しており、内容が浅いと感じる人もいる。
  • 既にメタバースについて追いかけてきた人には既知の情報が多い。
  • 未来予測や目新しい情報はあまりない。

 

本書ではメタバースの課題や将来の展望も考察されており、メタバースの発展に興味を持つ読者にとって刺激的な一冊となるでしょう。

 

また、初心者にも配慮されており、文字中心の説明に加えて豊富な画像が掲載されています。

 

ただし、一部の読者からは事例の内容が浅いとの指摘もありますが、総合的に見れば、メタバースに関する幅広い知識を得ることができる一冊です。

 

まとめ

  • メタバースは新しい生活圏を作る概念であり、技術の進歩が進行中。
  • メタバースの最適な形を実現するためにはVR技術が重要。
  • メタバースにおいて通信とセンサー技術も重要な役割を果たす。
  • 自動運転やデジタルツイン化などがメタバースに大きなインパクトを与える。
  • メタバースとゲームは関連しており、バーチャルイベントの利点も存在する。
  • メタバースの課題は毎日の日常使用が希薄であることや未開拓の技術領域の存在。
  • 理想的なデバイスがまだ出来上がっていないため、VR/AR機器の普及が進まない。
  • メタバースは視覚だけでなく、他の感覚も騙す技術であり、コミュニケーションの困難もある。
  • 低コストで空間を作り、人間とAIの共同作業がメタバース構築に重要。
  • 本書はメタバースの過去から未来までを解説し、教育やビジネスの活用例も紹介。
  • 最新の動向や製品・サービスについても知識を深めることができる一冊。

-書籍