当ブログは広告を含みます 自炊

あなたにぴったりの炊飯器の選び方【購入前に要チェック】

 

こんにちは、ご飯愛好家の皆さま。我々の日常生活の一部を形成する「炊飯器」について考えてみましょう。

 

実は、この身近なキッチンアイテムは、選び方次第でその存在感が大きく変わるんです。

 

今回は、あなたのご飯ライフをより豊かにするための、適切な炊飯器の選び方についてご紹介します。

 

家族の人数・容量から選ぶ

 

炊飯器選びの第一歩は、あなたの家庭の人数に合った容量を見極めることです。

 

一人暮らしやご夫婦二人なら3合炊きか3.5合炊きがちょうど良いでしょう。

 

3人~5人のご家庭には5.5合炊き、そして6人以上の大家族には5.5合炊きまたは1升炊きの炊飯器が適しています。

 

「そんなに本格的な炊飯器はいらない!」「一人だから手軽なものでいい!という方は、こういった電子レンジで炊くタイプもおすすめです。(お値段なんと1000円以下です)

こちらもCHECK

ちびくろちゃんの評判・口コミ!使い方は?電子レンジでおいしく炊けるの? 

  忙しい現代人にとって、炊飯器は便利な存在です。   しかし、一人暮らしや少人数世帯では大きな炊飯 ...

続きを見る

created by Rinker
カクセー(Kakusee)
¥768 (2024/06/25 03:46:57時点 Amazon調べ-詳細)

加熱方式から選ぶ

 

炊飯器の加熱方式も、炊き上がりの味わいに影響を与えます。

 

IH炊飯器は底面と側面から高火力で加熱し、美味しく炊き上げる一方、圧力IH炊飯器は高温での加熱により旨味を引き出します。

 

マイコン炊飯器は徐々に減少傾向にありますが、内釜下部のヒーターによる炊き上げは一見の価値ありです。

 

内釜の素材・構造から選ぶ

 

内釜の素材や構造は、炊き上がりの質と保温性に大きく影響します。厚釜や真空釜は保温性に優れ、ふっくらとしたご飯が炊けます。

 

多層釜は熱伝導性が高く、価格も手頃です。

 

銅釜、鉄釜、アルミ釜、炭釜、土鍋釜、ダイヤモンド釜など、それぞれに特徴がありますから、自分の好みに合ったものを選んでみてください。

 

製品の特長・機能性から選ぶ

 

炊飯器はただご飯を炊くだけでなく、その特長や機能性により多彩な炊き方が可能です。

 

炊き分け機能や硬さを選べる機能、蒸気レス機能などは、あなたのご飯ライフを一段と豊かにします。

 

また、内蓋とごはんの間に空間を持たせることで炊きムラを防いだり、専用機能があれば炊き込みごはんや麦、玄米、雑穀、無洗米などの料理がおいしく炊けたりします。

 

実際に炊く量よりも少し大きめのサイズがおすすめ

 

炊き込みごはんの場合、具材の量に応じてサイズを選ぶことも重要です。

 

1~2合なら3合炊き、3合なら5合炊きが目安となります。

 

また、一般的には実際に炊く量よりも少し大きめのサイズを選んだ方が良いとされています。

 

メーカー特長から選ぶ

 

パナソニックや東芝、三菱、日立など、各メーカーの特長から選ぶのも一つの方法です。

 

それぞれが開発した特殊な技術や機能により、それぞれ独特の美味しいご飯が炊けます。

 

このように、適切な炊飯器を選ぶためには、家族の人数・容量、加熱方式、内釜の素材・構造、製品の特長・機能性、そしてメーカーの特長を考慮することが重要です。

 

長時間保存するとごはんの味が落ちる

 

ごはんの保温時間は、IH炊飯器で24時間、マイコン式炊飯器で12時間が目安とされています。

 

しかし、長時間保存するとごはんの味が落ちてしまいますので、早めにラップに包んで冷蔵または冷凍保存することをおすすめします。

 

まとめ

  • 家族の人数・容量によって炊飯器を選ぶ
  • 加熱方式には、IH、圧力IH、マイコン式があり、それぞれ特長がある
  • 内釜の素材・構造も炊き上がりに影響し、厚釜、多層釜、真空釜などがある
  • 炊飯器の特長・機能性により、硬さ調整や炊き分けなどが可能
  • 実際に炊く量よりも少し大きめのサイズを選ぶと良い
  • 保温時間はIH炊飯器で24時間、マイコン式で12時間が目安
  • メーカーごとの特長を考慮すると、さらに適切な選択が可能

-自炊